主婦キャッシング

ブラックリストに載るとどうなる?

「ブラックリスト」といっても、そのような組織自体が存在しているわけではありません。

 

ブラックリストとは、返済が滞ったり、返済不能に陥ったとか、あるいは自己破産したことなどが金融機関同士で共有している情報に載ってしまうことです。

 

金融機関同士で共有しているのですから、ブラックリストに載るとどのカード会社や消費者金融からも借り入れができなくなるということです。

 

ブラックリストに載っても通常の生活には影響がありませんが、急にお金が必要になったときの不便さは想像しただけでも大変なものがあります。

 

一般の消費者金融やカード会社から借り入れができないとなると、行きつく先は高利な利息を取る闇金融です。
闇金融の問題は利息の高さだけでなく、取り立ての厳しさや恐ろしさです。

 

返しても返しても金利を払うばかりで、元金は一向に減らないという借金地獄に陥ってしまいます。

 

一般の消費者金融から借り入れができないとそのような不幸の他に、なにかと不便が生じます。

 

ショッピングローンが使えなくなりますし、車を買おうとしても自動車ローンが組めません。もちろん住宅ローンも組めません。

 

今の時代、現金で住宅を建てられる人はほとんどいませんから、住宅を手に入れるのも諦めなければいけません。

 

しかし、一定期間を過ぎると信用情報から外されますから、その後はクレジットカードも作れますし、住宅ローンも組むことができます。

 

一定期間というのは、ローン会社などによって違いますが、多くは5年〜7年となっています。

 

ただ、自己破産などの金融事故は5年〜10年保管されるほか、自己破産をして7年の間は再度自己破産の面積を受けることはできません。

 

返済不能に陥ってしまう人の理由は様々ですが、金額の大きな買い物などをしたとかでなく、少額を借り入れているうちにいつの間にか大きな借入金になっていたというケースが多いです。

 

そして、一番多いのがパチンコ依存症の人で、ギャンブルにのめりこんでいる人は自分をコントロールできず、止めるに止められないという状態に陥ってしまいます。

 

ただ、ブラックリストに載るほどの金融事故でなくても、様々な情報が載りますから気を付けてください。

 

返済日に返済されないことが多かったり、審査落ちが短い期間に何度もあると、それらの情報はしっかり乗っていて、いざ借り入れをしようとするときに審査落ちになり借り入れができないことも出てきます。

 

そうなったときの不便さなども考えて、返済日にはきちんと返済を続けることをおススメします。

 

もし、引き落とし日を忘れていて落とせなかったときは、気が付いた時点ですぐにカード会社に連絡をしてください。誠意を見せておくことで信用度違ってくるといいます。