主婦キャッシング

いくらまで借りれる?

キャッシングのご利用限度額はカードローン会社によって様々です。銀行系のカード会社でご利用限度額が1,000万円という高額な限度額が設定されているところもあります。

 

ただ、高額なキャッシングとなると収入証明書が必要になるとか、審査がとおりにくくなりますからご注意ください。
収入証明書は100万円から必要なカード会社に、200万円から必用とするカード会社など様々です。

 

キャッシングの限度額を上げてもらうこともできます。それには条件があり、返済が遅れるなど、今までの返済に問題がないことが必要です。1年以上返済の遅延がないと限度額を上げる可能性が高くなります。

 

限度額を上げるときに気を付けたいポイントは、継続で利用でなく再契約になることもあるので注意が必要ということと、滞納の履歴があれば審査に通らないことです。

 

増額を申し込んで必要な額が借りられるようになることは良いのですが、限度額の増額は思わぬリスクもあります。
それは、再審査に時間がかかることや、審査落ちをした場合は、減額や場合によっては利用停止ということもあります。

 

このような高いリスクを負うよりも、他のカードローン会社から新たに借り入れをした方が無難といえます。

 

限度額はカード会社によって大きな差がありますし、減額増額におススメのカードローンなどもありますから、ネットで検索をして比較することをおススメします。

 

利用限度額の設定の変更は、増額の場合だけではありません。

 

万が一盗難にあったり紛失した時の場合の被害を考えて、あえて低い額に利用限度額の設定をする人もあり、キャッシングカードの引き出しの限度額をお客様が自由に設定できるカード会社も増えています。

 

ご利用限度額の設定は、利用しているカード会社や提携先銀行や、提携しているコンビニなどのATMで、1日あるいは1か月間の「引き出し額」や「振り込額」、「振り替え限度枠」「貸越限度額」などそれぞれ1万円単位の決めた額で利用するように設定します。

 

また、提携外の金融機関のATMでは利用できないので注意してください。

 

紛失や盗難にあったときの被害を想定しての利用額設定です、メリットがある反面、この設定をすると、なにかと不便な面も出てきますので、利用額設定を行う時は十分に検討をしてから行うことをおススメします。

 

利用限度額が制限される利用限度額設定ですが、総合口座から定期預金への振り替えの場合は利用限度枠関係なくできます。

 

今のカード会社のキャッシングサービスは、様々なサービスがあることや、各カード会社によってもサービスが違いますので、違いを調べて少しでもお得な利用の仕方ができるようにすることをおススメします。