主婦キャッシング

審査について

キャッシングを申し込んで気になるのは審査です。

 

消費者金融やカード会社は、お金がなくて困っている人を助ける慈善事業をやっているわけではないのですから、当然借入金を返す能力のない人にお金を貸すわけにはいきません。

 

借り入れ申し込み者が返済できるかどうかを調査するのがキャッシングの審査です。

 

消費者金融やカード会社が調査する方法としては、大手キャッシング業者のホームページを調べるか、信用情報機関のホームページを調査します。

 

その他の調査法としては、WEB上に公開されている情報を調べるなどがあります。
審査では、「属性調査」「信用情報調査」「書類確認」「在籍確認」などが厳しくチエックされます。

 

属性調査は、キャッシングをする本人の情報を調べるもので、年齢、性別、職業、年収などを調べます。一番は本人に返済能力があるかどうかが中心となります。

 

信用情報調査は、過去のクレジットカードやローンの履歴を見ます。借り入れ状況や返済がきちんと行われていたか、過去に金融トラブルがなかったかなどを調べます。

 

書類確認は、提出された運転免許証が本人ものかどうか、記載に嘘がないかなどを調べますが、提出した書類に嘘があっては虚偽の申告とみなされて審査落ちになってしまう可能性が大きいです。

 

また、たとえ嘘をつくつもりではなく、間違えて書いてしまった場合でも虚偽の申告とみなされ審査落ちになる可能性は大きいです。

 

消費者金融やカード会社では審査落ちの理由は言わないことになっていますから、審査が落ちの理由が間違えて書いてしまったのが原因であっても本人にはわかりません。したがって、理由がわからずになぜだろうと悩む結果になります。

 

在籍確認も同じです。嘘や間違えて書いてしまったのでは、審査落ちになってしまいますから注意をしてください。
お金が必要なのに審査落ちで借り入れができなかったら困りますし、ショックです。

 

しかし、消費者金融もカード会社も審査基準の一応の方向性はあっても、みな同じわけではありません。ましてや、記入ミスで審査落ちしてしまうことだって可能性としてあります。

 

したがって、一つの消費や金融やカード会社の審査に落ちても、別の会社では審査が通ることだってたくさんあります。

 

一つの消費者金融会社の審査に落ちても、諦めずにキャッシング申請することをおススメします。間違っても闇金融に手を出すことは止めてください。

 

以前より影はひそめたもののまだまだ横行しているのが闇金融で、その被害の実態がテレビで報道されることもあります。