主婦キャッシング

どう違うのか?

手持ちのお金がなくて困ったとき助かるのが、便利なキャッシングです。申し込んで当時中に現金が間に合うのであわてずにすみます。

 

必用なお金がすぐに間に合うキャッシングですが、キャッシングには、クレジットカードに付属しているキャッシングサービスとカードローンでのキャッシングのサービスとがあります。

 

クレジットカードでのキャッシングはクレジットカードがなくては使えません。そして、クレジットカードを申し込んで、数日しないとカードが手元に届かないので即日に間に合うということは不可能です。

 

しかし、カードを作った後はそのままカードを使って簡単にキャッシングできるという便利さがあります。

 

カードローンでのキャッシングは、カードがなくても、申し込んで審査が通れば即日に自分の銀行口座や郵貯の口座に振り込んでもらうことが可能です。

 

キャッシングとカードローンの違いで一番大きいのは、返済の方法です。キャッシングは一括払いが多いのですが、カードローンは分割払いでとなっています。

 

分割払いは、一度に払う一括払いと違って返済は楽ですが、あまり長期に組むと利息分が多くなってしまうのが分割払いのデメリットです。

 

高額なキャッシングをしたいときは、クレジットカードでのキャッシングは無理な時があります。そもそも、クレジットカードのキャッシング枠自体、利用限度額が少額です。さらに、ショッピングで使ってある残りの金額しかキャッシングできません。

 

しかし、カードローンでのキャッシングでは、融資額が最高500万円というカード会社も多いです。キャッシング専用のカードもありますので、作っておくといざという時に便利です。

 

カードローンは、過去には事業のためには使えないなど、なにかと制約がありましたが、現在では利用用途は自由というところが多いです。したがって事業をやっていて、手形を落とすお金が間に合わないという時、銀行からの借り入れは調査のために数日かかります。

 

そんな時、即日キャッシングで現金が間に合えば、不渡り手形を出して倒産問悲劇も避けられます。

 

長期にわたる返済になることが多いカードローンは、最後まできちんと返済ができるように計画を立てることが必要です。そのため、各クレジット会社では返済シミュレーションのサービスがあります。そのサービスを利用して綿密な返済計画を立て、完済できるようにおススメします。

 

便利に使えるカードローンも、返済が滞るなどで信用落とせば利用できなくなります。その結果、困って行き着く先が高利な利息を取られる闇金融となってしまう可能性が大きいです。